現場で頻繁に使われる離型剤は選び方で作業効率が変わる

Release agent

樹脂押出に最適な離型剤を選ぶならフッ素コーティング!

一斗缶

金型による樹脂成形の場合、使用する離型剤も少なく、塗布する面積も限定されます。しかし、樹脂製品を押出加工する製造メーカーの場合、押出設備も大型になるだけでなく、製品仕様に合わせて使用する樹脂材料も変更する必要があります。この際、離型剤を大量に使用し、材料交換の都度離型剤の塗布が必要になっているのであれば、フッ素コーティングタイプの離型剤に切り替えてみませんか?
ワックスタイプの離型剤は熱に弱いだけでなく、常時間に亘り連続押出加工を行うと金属表面から離型剤が失われてしまいます。しかし、フッ素コーティングは熱に強く、金属表面に科学化合物による被膜を形成するため、ワックスタイプのように加工時間により離型剤がどんどんなくなることが防げます。また、フッ素コーティングタイプの離型剤は希釈タイプやスプレータイプのものも多く、大型の押出加工機などに塗布する作業も効率化することができます。樹脂材料をペレット化する、リサイクル樹脂の再練りペレット化、長時間に亘り樹脂連続成形する製造メーカーにおいてはフッ素コーティングタイプの離型剤は有効です。材料が金属表面に付着し難く、材料切り替えの際には押出加工機のスクリューやシリンダーの完全清掃を行うのではなく、切り替えする樹脂材料による押出洗浄で済ませることも可能になります。